先輩の声 | 株式会社メディカルアーツ 採用情報サイト

MESSAGE先輩の声

リーフ整骨院元住吉院 院長 棚橋順平

整骨院事業部 スーパーバイザー 棚橋 順平

皆さん初めまして。私は元住吉院で院長をさせてもらっている棚橋と申します。
皆さんは卒業したらどんな職場で働きたいですか?
やはり技術面でも一人の人間としても成長できる職場が良いと思いませんか?
私もこの会社に入るまでは学校を卒業したものの治療技術は全くありませんでした。
しかし毎月行われる勉強会や日々の先輩方のサポート、外部研修など会社全体でバックアップしてもらい、今は院長になることができました。
すべての事に共通することかもしれませんが、一人でできることは限られます。
しかしそこに多くの仲間がいることで一人では実現できないことも実現することでき、大きな成長に繋がると思います。
メディカルアーツは治療家としても人間的な面でも成長出来る会社です。
そして社員一人一人皆仲が良く、社長をはじめ熱い情熱を持った先輩方ばかりです。
そんな当社で皆さんも働いてみませんか?
私たちも一人でも多くの仲間と働けることを楽しみにしています!

リーフ整骨院 柔道整復師 冨田 亮汰

リーフ整骨院 冨田 亮汰
仙台医健専門学校卒 柔道整復師

メディカルアーツで働き始めて約1年、沢山の患者様を診てきました。学生時代にアルバイトとして整骨院で働いてましたがそこでは手技メインで最新の医療機器はほぼありませんでした。
『根本治療』を掲げて治療をしていますが、ここではそのための手技、検査、生活指導、治療計画を提供できる環境が揃っています。月に数回の勉強会、先輩後輩立場関係なく意見を言い合いスキルアップする。
それが患者様の喜びになり、さらに自分自身の喜びにもつながります。「ここが原因だから、この治療をすれば治る。」と患者様に提案できるのが『根本治療』の魅力です。原因さえ分かればどんな症状でも治せるし、痛みの出づらい身体を作ることだってできます。
日々学び続ける向上心を持ち日本全国、世界中で困ってる人を助けることができる治療家になるのが目標です。

<

福祉事業部 SV 鈴木 理人

福祉事業部 スーパーバイザー 鈴木 理人

こんにちは!メディカルアーツの福祉事業部でSVとして働いている鈴木と申します。
放課後デイサービスという事業が始まってまだ5年ほどで、この業界はまだまだ伸びしろのある仕事だなと感じています。
私自身にも子供がいますが、我が子に対する接し方と同じようにしていては全く通じないので対応に困る事も多々あります。
そんな時はいつも笑顔で乗り切っています。
やはりどの業界においても心からの笑顔というのは絶大な効果があるのだなと実感できます。
そんな放課後等デイサービスでは、ひとりひとりの特性に応じた計画書を作成して支援を行っています。子供達としっかり接していると、計画書の変更の必要性に気付けたりと日々の成長を感じ取る事もできます。
とても責任重大で大変な仕事ではありますが、子供達に貢献するという事は、大きく言うと我が国の将来を左右する仕事とも表現できます。
人対人の仕事では常に悩みが付きまといますが、悩んだ分だけ自分も成長していく事でしょう。
そんな皆さんをしっかりとサポートしていきます。
共に悩み、共に成長していける仲間をお待ちしております!

ホップステップ 角浜 怜奈

ホップステップ放課後等デイサービス梶が谷校 角浜 怜奈
東京福祉大学卒 児童指導員

日々児童と関わったり、研修に参加をしていくうちに、どんな支援をしたら良いのかを今以上に児童や保護者に寄り添って考えていきたいと思いはじめ、いずれは児童発達管理責任者になりたいと考えています。その為には、今よりもっと知識や経験を増やさなくてはいけません。まだまだ知識も経験も少ない私ですが、児童や保護者のより良い支援に向けて、今できる事をひとつひとつ頑張っていきます!

また、私は現在、児童指導員として児童の支援に携わっています。初めて児童と関わった時は、信頼関係も築くことが出来ていないため、児童一人一人のことを知り、信頼関係を築くところから始まりました。児童に対する声のかけ方など、毎日のミーティングの中で先輩からフィードバックをしてもらい、どうしたらよい支援が出来るのかを考え、実践していました。徐々に信頼関係も築けていき、今では児童から色々な話をしてくれます。「先生見て!」と、児童から笑顔で自分の出来たことを話してくれると、もっと頑張ろうと思います。

ENTRYエントリー

応募フォームへ

見学予約随時募集中!
見学/セミナー申込はこちら 電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ フォームでお問い合わせ
メディカルアーツで一緒に働こう!

pページの先頭へ